横目本象牙 (ワニ皮ケース)

横目本象牙は、木の年輪のような輪の模様が何重にも入った、趣のある美しい印材です。
通常の印材は縦に象牙を加工しますが、横に加工することで縞模様が現われます。その模様は太陽にも喩えられることから、日輪ともいわれます。
象牙の中でも濃い色の模様を持つ象牙からしか取れない非常に貴重な印材です。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

6