元祖 一貫堂こだわり印材

 

象牙は印鑑の王様と称され、程よく硬く粘りのある素材の為、捺印性の高さ・耐久性の良さ・朱肉の乗りの良さ全てが天然印材の中でも最高品質です。

本象牙横目は日輪模様と呼ばれるキレイな波状模様が特徴で、本来タテに加工する物をヨコに切り出すことで模様が現れる特別な希少印材。

横目の中でも模様の重なりが無く、波状模様がくっきりとキレイに出ている物は最高級品として扱われる。また、牙の中心にある芯を中心に含んだ横目芯持は希少中の希少品で滅多にお目に掛かれない。

<お手入れ・保管について>

横目は日当たりのいい場所に放置すると、模様が薄れる可能性がございます。使用後は印鑑ケースにいれ光を遮断しましょう。
象牙は、木の様に少しずつ直径が大きく育つものです。
その為、繊維質の様な細かな空洞があり、朱肉の拭き残しを吸い込みます。
長く蓄積されると、素材が脆くなり欠けの原因となりますので、使用後はしっかりと朱肉を拭き取りましょう。

 

象牙は印鑑の王様と称され、程よく硬く粘りのある素材の為、捺印性の高さ・耐久性の良さ・朱肉の乗りの良さ全てが天然印材の中でも最高品質です。

象牙の印材は、中心部近くから取り出す程、密度が高く良い印材とされる。一番中心部の芯を含んだ芯持象牙は1本の象牙から少量しか取れず、大変希少性が高い。

当店の最高品は中心に近い部分から加工された、高品質な象牙を厳選して仕入れております。古くから最高級品の一生ものとして知られる象牙の印鑑を是非、あなたの物にしてみませんか?

<お手入れ・保管方法>

象牙は、木の様に少しずつ直径が大きく育つものです。
その為、繊維質の様な細かな空洞があり、朱肉の拭き残しを吸い込みます。
長く蓄積されると、素材が脆くなり欠けの原因となりますので、使用後はしっかりと朱肉を拭き取りましょう。
また、適度な硬さと粘りのある素材の為、落下による欠けやひび割れが起きる場合があります。印鑑ケースに入れる事で、防げますので使用後はケースに入れて保管しましょう。

 

象牙は印鑑の王様と称され、程よく硬く粘りのある素材の為、捺印性の高さ・耐久性の良さ・朱肉の乗りの良さ全てが天然印材の中でも最高品質です。

高級品は最高品よりも外側から加工された物ですが、象牙本来の色合い、耐久性の高さ、捺印性の良さを兼ね備えており、最高品よりお求めやすい価格でご用意しております。

象牙の印鑑はプレセントとして選ばれる事が多いです。特に祖父母から孫の誕生祝いとして贈られる方が多くいらっしゃいます。

なお、一番外側(牙の外皮に近い部分)から加工された物を特選品などとして、リーズナブルに販売しているお店もございますが、当店では品質の観点からそうした印材を仕入れ・販売する事はございませんのでご安心下さい。

<お手入れ・保管方法>

象牙は、木の様に少しずつ直径が大きく育つものです。
その為、繊維質の様な細かな空洞があり、朱肉の拭き残しを吸い込みます。
長く蓄積されると、素材が脆くなり欠けの原因となりますので、使用後はしっかりと朱肉を拭き取りましょう。
また、適度な硬さと粘りのある素材の為、落下による欠けやひび割れが起きる場合があります。印鑑ケースに入れる事で、防げますので使用後はケースに入れて保管しましょう。

 

長らくオランダ水牛として販売されていたが、近年は産地の誤認を防ぐために牛角の名称を使う様になった。

牛角色の特徴はやはりマーブル模様で、1本たりとも同じ模様が無い個性のある印材。その見た目と象牙に引けを取らない印材としての素材の良さから、「印鑑の女王」と呼ばれる事もある。

特に女性からの支持が高い印材ですが、個性的で人と同じものは避けたい方やご家族で購入される方にオススメの印材です。

なお、当店で使用している牛角色は、芯持と呼ばれる角の中心部分のみしか取れない、上質な素材を使用してます。芯無しと比較して耐久性が高く、長く愛用して頂けます。

<お手入れ・保管方法>

水牛系の天敵は乾燥と虫食いです。その為、ケースに入れずに保管してしまうと胴部分に細かなヒビが発生する可能性があり、虫食いの原因にもなります。

使用後は適度に朱肉を拭き取り、印鑑ケースに仕舞いましょう。また、長く使用されない場合はケースに入れた後、封の閉じられる保存袋で空気を抜いて保存する事で乾燥・虫食いを二重に防げます。

 

日本で最も出回っていると言っても過言ではない、印鑑の定番中の定番である黒水牛。黒く艶やかなその見た目が高級感を漂わせます。

当店で扱う動物系素材の中で最も手にしやすい価格で、老若男女問わず人気No.1です。
定番印材で多くの人が使用しておりますが、ご自身用・贈答共にコスパの良い印材です。

牛角色同様、芯持印材のみを仕入れておりますので、芯無しと比較して耐久性が高く長くご愛用頂けます。

<お手入れ・保管方法>

水牛系の天敵は乾燥と虫食いです。その為、ケースに入れずに保管してしまうと胴部分に細かなヒビが発生する可能性があり、虫食いの原因にもなります。

使用後は適度に朱肉を拭き取り、印鑑ケースに仕舞いましょう。また、長く使用されない場合はケースに入れた後、封の閉じられる保存袋で空気を抜いて保存する事で乾燥・虫食いを二重に防げます。

 

家具やアクセサリーなど、様々な物に用いられる木製の印材。

名前の通り、天然木とは思えない濃色が特徴で、緻密で比重が高く、油分も多く含むため非常に硬い素材としても知られる。

中心に近い部分は黒檀の特徴である黒や茶の濃色で縞模様が出やすく、外側は黒檀の特徴である濃色が薄く灰白色に近い色合いが出る。

男性に人気の印材ですが店頭ではあまり見掛けない素材なので、個性を表したい方や他とは異なる贈り物を探している方にオススメ。

<お手入れ・保管方法>

木製印材は水分や油分を吸い込みやすく、素材が脆くなりやすいです。
また、動物系印材と比較して、素材が柔らかいので落下による傷がつきやすいです。
使用後は朱肉を残さず拭き取り、印鑑ケースに入れて水気を避けて保管しましょう。

天然素材の中で最もポピュラーな木製の印材。

本つげは国内で採取・加工されたつげのみを使用しており、温かみのある色合いが特徴。成長度合いが遅く、緻密で粘りのある素材の為、古くから櫛や木工細工に使われることが多い。

当店の印鑑の中では、最も手にしやすい価格で古くから印鑑として馴染み深い為、黒水牛と同等に当店では人気の印材。手頃に当店の開運吉相印鑑を手にしたい方や、贈り物で相手に気遣われたくない方にオススメ。

なお、アカネつげと称した赤みのあるつげに類似した輸入材をつげの一種として販売していた時期もあるが、現在ではつげとは異なる植物として認知され単なるアカネとして扱われる。
未だにアカネつげとして販売しているお店には要注意。

 

<お手入れ・保管方法>

木製印材は水分や油分を吸い込みやすく、素材が脆くなりやすいです。
また、動物系印材と比較して、素材が柔らかいので落下による傷がつきやすいです。
使用後は朱肉を残さず拭き取り、印鑑ケースに入れて水気を避けて保管しましょう。

パワーストーン印材

特別商品でご用意しているパワーストーン印鑑も厳選した印材を使用しております。

パワーストーンの印材は自然界が作り出した宝とも言える素材で、長い年月をかけて成長する為、印材として加工出来る原石は希少です。

同じ系統の石(水晶や虎目石、瑪瑙)でも、化学反応や混流する他の物質で色合いが異なったり、光や角度で見え方が変わる(シャトヤンシー効果等)楽しみを与えてくれる石印材。また、風水やパワーストーンとしての効果など様々な楽しみ方が出来る特別な一品となりますのでご自身用に是非オススメ致します。

<お手入れ・保管方法>

石は硬さがある反面、粘りがないので衝撃に弱く脆いと言う性質です。
また、素材によっては、水気を嫌ったり、日光による成分の変化により、色落ち・変色、風化が起きる可能性があります。
使用後は朱肉を拭き取り、印鑑ケースに入れて保管しましょう。